これで飯野、どうでも飯野。

毒親・女子校育ちの24歳。もうすぐ無職。麦酒を片手に好き勝手書きます。

前髪垂らした知らないヤツが

行ってきたんじゃ、塗糞祭!!!

卓球のついーとに騙されて(笑)まんまと当日券買って入ったよー! いや、今日はたまたまバーのバイトがなくなったもので、ラッキー。折角だから誰か誘おうと思って、でも、電気に誘うんならあいつしかいない! と思って誘ったのはケロリン桶のアラフォー男。(ケロリン桶 - これで飯野、どうでも飯野。

「電気行くぜ!」つってテンション上がって踊り狂れるやつはこのひとしか知らないんだもの! きみはわたしのことどう思ってるか知らないけど、音楽だ、音楽だ、恋愛なんぞここは一旦差し置いて音楽だ、どうだ行くか行かないか! というテンションでメールしたら「行く行く!」ってそりゃそうや、きみはそういうやつや!!!
そういうわけで職場を定時ぴったり退勤、自転車盛り漕ぎ、電車乗り継ぎやってきたんはZepp名古屋。
入ったら全然ガラガラじゃないやん。真ん中の柵手前にいたので、後ろの方はわかりませんが。だがしかしこれ以上ギッチギチだったら躍れりゃしないよ。わたしの周りは激しく躍ってんのが3人、うち2人はわたしと友人でございます。もうね、わたしの前の男のひとは超背が高くて壁だしね、ステージ上のメンバー見えないんよ。折角のゲストのCMJKスチャダラパーもまりんも首傾げてジャンプしてやっと見えるか見えないかです。そしたら躍るしかないっしょ。ひたすら躍るしかないっしょ。

電気グルーヴを知ったのは、中学生のときに、区の図書館にたまたまCDが置いてあったのが切っ掛け。ケツメイシとあわせて借りたのを覚えてる(何その組み合わせ)。その頃は丁度、フリッパーズ・ギターにはまっていた時で、(2004年頃の話/時代の流れからしたら超遅)電気聴いてなんだこれ、と思うんだけどそれからすぐに、友だちに洗脳されてV系バンドに傾倒していくのでそれで終わり。
次に聴いたのが高校3年。バンギャルを上がって(母親に音源類全て捨てられた)、聴くものがなくなってTSUTAYA行ってジャケ借りしたのが『J-POP』。ええやん、と思ってそれから何枚か借りるんですが、その後すぐにできた彼の影響でAcid Black Cherry とアニソンを聴きまくり、別れ、その次にできた彼氏の影響でKREVAやらHALCALIやらスチャダラパー(そしてあんまり好きでないHilcrhyme)を覚え、そのときに電気も触るんだけど深入りしないうちにまた別れ、次のひとに戸川純平沢進ヒカシュー原マスミを教えてもらって別れ、今に至ると。

周りに影響されやすいのがバレバレ。いやあ、笑っちゃうねーはっはっは。でも今回行ってみたら、結構知っている曲が多くて楽しめました。行ってよかった、ほんとによかった。
2時間半のうち、半分くらい小芝居と漫才だったような気もするけど(笑)でもちゃんと音と映像で仕事してきましたよ感出てました(笑)楽しかったーーー!

/^o^\フッジッサーン フッジッサーン \\(^o^) タカイゾ (^o^)// タカイゾ /^o^\フッジッサーン