これで飯野、どうでも飯野。

毒親・女子校育ちの24歳。もうすぐ無職。麦酒を片手に好き勝手書きます。

土偶ちゃん

f:id:kyoko_iino:20141010231215j:plain

土偶だよ。あ、違う、飯野だよ。
アイコンを作ろうと思って、描いてみた。こないだ買ってもらった遮光器土偶のバッヂを意識しながら。そしたら親に「なにそれ可愛くない誰も金出さないレベル」とか何とかけちょんけちょんに言われてしょんもりした。けど、遮光器土偶ってもともとすんごい可愛いアレじゃないじゃん?


てなわけで(どんなわけだよ)ついったーです。ブログは少しかために書こうと気をつけているのですが、ついったーはゆるゆるにしかやれません。面白いことは書けません。更新情報くらいは載せます。

三連休を前にね、わたしはわりと落ち込んでいて、それは、最近、行きたかったライヴに行けなくなることばっかり続いているせいだ。音楽を聴くこと自体が億劫になってきた。
好きな音楽から離れるのはこれが二度目で、一度目は高校生のときに、わたしはV系バンドのファン(通称バンギャル)だったのだけど、親からライヴ禁止令を出されて、更に、CDも雑誌もグッズも、バンドに関係するもの全て買うのを禁止された。学校の友人も同じバンドのファンだったから、休み時間や放課後に音楽の話をして盛り上がっていたのに、自分だけライヴにもイベントにも行けなくなって、CDだけは友人が貸してくれたけれど、それも何だか気が引けるようになって、友人から少しずつ距離を置いたんだっけ。自分が行けないライヴの話を聞くのもつらかったし、折角みんなが盛り上がっているのに、わたしの存在で水を差すようで申し訳なかったんだよなあ。
高校一年生の頃にそういう出来事があり、それから大学三年になるまで、音楽を真剣に聴くことはしなかった。今も、あのときと同じような心境で、音楽と、その関係の友人たちから少しずつ距離を置いている。ちょっと悲しい。

でも、明日は音楽とは別の楽しみがあって、そのために新幹線に乗る。新幹線の券売機は激混みで、行列ができていて、普段は買わない指定席券を迷わず買った。窓際の席は既に満席だった。
どうかたのしい一日になりますように。